情報で差をつけろ!!

>

就職及び転職の心得

大学一年生、二年生で差をつけるために

就活をする前の学部一年、二年生の情報収集と三年、四年生のそれの方法は大きく異なります。

大学生活の前半で特定の業界や業種を絞って情報を集めることは、反って視野を狭める行為と言え、有効的とは言えません。
最初の内は、自分の「好き」や少しでも興味のあることに業界関係なくインターンシップやボランティアに参加することをお勧めします。
1dayや超短期インターンなどを活用して、試食のようにあらゆる世界や価値観に触れることが重要です。
それらの活動を通して、自分が将来就活をするときに、何を一番求めるのかという優先順位を決めることが大切です。
また、インターンシップ仲介サイトや企業研究サイトに登録し、サイトから配信されてくる企業研究記事や現在の就職状況を把握することも一つの手段です。

加えて、新聞や本を沢山読み、教養を付けると同時に自己を確立することも非常に重要です。

就活前の情報収集

大学三年生、四年生はいよいよ就活の本番となる時期です。
佳境を向かえた時期にこそ情報はより一層役割が大きくなります。

大学一年生、二年生である程度決めた自分の方向性や働く際に求める優先順位を軸に、自分の最も興味のある分野をさらに詳しく調べることが必要になってきます。
一歩進んだ話を知りたいときは、実際にそこで働く人に生の声を求めたり、長期のインターンシップに参加して現場の雰囲気を感じに行くことが有効的です。

就活前の大学生は、様々な情報を収集し、あらゆる体験をするため、時として情報が氾濫して自己を見失うことがあります。
そんなときは、今まで集めてきた情報を丁寧に精査すると同時に、自分の「好き」を再発見する努力が必要になります。
情報の再収集や身近な人へ相談すると良いでしょう。
情報と上手に向き合うことが必要です。