情報で差をつけろ!!

>

情報収集の重要性

教養は身を救う

普段「教養」という意味を考えたことはありますか。
昨今、世界的に「教養」の重要性が再考され、日本の有名大学も教養学部を設立したり、教養を養うための講義が開講されています。
しかし、インターネットが発達している現代に於いて、「教養」は一見何も役に立たない用に見えます。
教養を身につけるということは、情報収集の基礎となる重要な行為です。
情報収集の全ての始まりと言っても過言ではありません。
例えば、クラスにいる頭のいい友達は勉強が出来るだけでは無く、普遍的知識を基にした教養があるから頭が良いのです。
恐らく、教養がある人は情報収集も上手であることが多いです。
何故なら、予備知識が豊富で自分が欲しい情報の精査がしやすいからです。

「教養」を身につけることは簡単な作業です。
新聞や本を沢山読み、知的欲求が働いたときはすぐに調べるなど常に情報にアンテナを張っていれば誰でも身につけられます。
今日から是非実行しましょう。

メディアとの向き合い方

現代に於いて、我々が情報収集をする際に重点を置いているモノの一つとして、「メディア」が挙げられます。
メディアとは何かと何かをつなぐ媒介物という概念です。
例えば、時計は、時間を直接見ることの出来ない人間と時間を媒介しているメディアです。
テレビやスマートフォンもそれぞれメディアの働きをしています。

現代では、不特定多数の大衆に向けてのマスメディアと誰でも相互的に意見や情報を交換できるソーシャルメディアが存在しています。
それぞれ、メリットとデメリットが存在し、我々はそれをしっかりと認識した上で利用することが重要です。
情報が錯綜し、氾濫している現代は、特に情報の扱い方、またその収集方法の配慮が必要です。
使い方を学習して、効率の良い情報収集に努めましょう。