進路決定の基本は情報収集

情報で差をつけろ!!

情報収集の重要性

何事も、何かを判断するときには情報に基づいて実行します。 換言すれば、情報が無いままには何事も判断出来ないし、実行にも移せません。 全ては「認知」から始まります。 しかしながら、その情報収集には、ちょっとした基準が存在します。 その基準を軸に、自分にあった情報収集の仕方を獲得しましょう。

進路選びの基本は情報収集

我々は、この世に生まれた時から、絶えず周りから情報を集めて生活をしています。
他人と会話したり、テレビやラジオを視聴したり、本を読んだりと生活を営んでいく為に、また何かの価値判断をするために様々な雑多な情報を収集しています。
つまり、我々は発達段階において、個人差はありますが、既に「情報収集能力」を獲得しており、無意識下において我流の情報収集方法を持っています。

しかしながら、自分の進路を決定するときには、少なからずその情報収集の方法に「特殊性」を含有するようになります。
換言すれば、我々が日常で行なっている情報収集とは異なり、自分の進路に応じて、雑多な情報の中から適切なもののみを選ぶことが必要です。
また同時に、普段より幅広い意見を取り入れる必要性も出てきます。
進路決定をするときの情報の集め方、心構えを身につけて最良と思える決定を下せるようにしましょう。
収集方法の知識が無いと、偏りのある意見のみを集めてしまったり、自分に都合の良い情報しか獲得出来ないことが多々あり、反って混乱を招きます。

昨今、選択肢の幅が格段に広がっており、それと同時にテクノロジーの発展と共に情報収集の方法も多様性を増しています。
また、情報自体の流動性及び変容性も急速に早まっており、我々は絶えず最新情報に脳内を刷新しなければなりません。

このサイトでは、進学や就職の際に出来るだけ後悔の無い選択が施されるように段階に応じた情報収集の方法及び情報の扱い方を纏めました。
また、進路決定の際に起こりうる弊害への上手な向き合い方も盛り込みました。

おすすめリンク

学校選びをする際に

日本に於いて、小中高大のどこかのタイミングで「受験」をすることが一般的になっています。 その際に、必ず学校選びをして、自分に見合っている学校を調べたり、その学校に行くためにはどの程度学力が必要であるのかを認識します。 貴重な学生時代に納得が出来る進路にするための情報収集の仕方のコツを纏めました。

就職及び転職の心得

毎年、経済状況や雇用状況に依って左右され、大々的にニュースになる就職活動、大学生にとって最も大きな関心事の一つです。 大学卒業後の進路は人生に大きな影響を与えます。 慎重且つ丁寧に情報収集を心がけるとともに、適切な判断が出来るように情報を取捨選択しましょう。 ここでは、その心得を紹介します。